!こちらの情報は、2020年度のものです。
2021年度の情報は決まり次第お知らせいたします。
府大生協ホームページ リンク先:
https://fudai.hanshin.coop/

出発サポートプログラム

パソコン・電子辞書・ミールカード・出発サポートプログラムなど
新入生向け用品の受付は
こちらから

出発サポートプログラムとは

学生のキャリア形成は、経済産業省の提唱している
社会人基礎力(下図)を育むこと。

出発サポートプログラムは、様々な体験を通して「なりたい自分」を見つけるプログラムです。

「たびサポ」で身に付く“社会人基礎力”とは

出典 経済産業省HP より

出発サポートプログラムの内容

講座

講座

コミュニケーションの仕方、自分のやりたいコトを見つけ一歩踏み出す方法など、大学の授業では学べない内容を、研修を受けた先輩が学生の目線で講義を行います。同時にグループ毎に先輩サポーターがついて、理解できないことを一人ひとりフォローをしていきます。
グループでゲームやワークを通して理解を深め、コミュニケーションスキルは練習を繰り返し実践的に身につけて行きます。

チャレンジ企画

チャレンジ企画

講座で学んだ知識やスキルを、実践して身につけていく企画です。初めて集まったメンバーで、チームを構成し、やりたいことを決めて実践していきます。「無人島へ行く」、「0円食堂をやる」「映画を撮る」「お菓子の家を作る」など、今までやりたくても出来なかったことを、企画し実行します。やり遂げた後、振り返り発表します。
社会人基礎力(前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力)がどれだけ自分に身に付いているのか試されます。
※写真は、「〇〇流しをしたい」というチャレンジ企画と「豊中をグルメやおすすめスポットを紹介するパンフレットを作る」というチャレンジ企画。

班内対話

班内対話

1年間、固定のメンバーで班を作り、対話を行います。普段の生活で体験したこと、そこから学んだこと、気づいたことを話し合い、共有します。「エンカウンターグループ」と言います。一般的な講座では無い、たびサポの貴重な学びの場です。価値観の違った考え方に触れたり、他の人の活動に刺激を受けたり、日ごろの悩みをうちあけたりします。なんでも安心して話し合える場です。他者の話を聴く力・自分の思いを伝える力・他者と共感する力が試され、それらを身につけていきます。

SEQ診断

SEQ診断

SEQ(Student EQ)は、EQ(Emotional Quotient:感情能力)理論を基に、行動特性を測り、改善していく(自分らしい自分になる)ための、学生向けのツールです。24の項目で、診断を受けそれぞれの行動量が偏差値で出てきます。それを資格所有者(EQプロファイラー)の解説と個人面談を行いアドバイスを受けます。自己開発の計画を立てて一年間取り組みます。
プログラムの最後にどう変化したか受診し、面談を受けます。一年間の変化は大きく、数値的にはまるで別人になったと言えるような変化も見られます。

集大成発表会

集大成発表会

プログラムの最後に、この一年間の気づきや学び、自分の変化成長をみんなの前で発表します。(発表のためのプレゼンテーションの仕方も講座で行います。)プログラムの卒業式みたいなもので、保護者の方や、社会人になったOBOGの方なども参加します。
発表が終わったら、ゲームや歌など様々なパフォーマンスを受講生と先輩サポーターが披露する交流会を行います。

パソコン・電子辞書・ミールカード・出発サポートプログラムなど
新入生向け用品の受付は
こちらから

講座の様子

  • 春 スタート講座
    受講生と先輩学生サポーターが集まって仲間になる瞬間。

  • 講座は、先輩サポーターが難しい内容も学生目線で分かりやすく講義をします。

  • アイスブレイク
    ゲームをして緊張をほぐします。チームの団結力も高まります。

  • 自分の考えなどを紙に書き出すワークをしているところ
    こうしたワークを通して講座内容の理解を深めていきます。

  • グループに先輩サポーターがついてフォローをします。

  • 班内対話
    6人〜8人のグループで日々の気づきや考えていること時には悩みを語り合い
    その話をしっかりと聴きます。

集大成発表会
一年間お疲れ様でした。卒業の記念写真

受講生・OGの声

受講生の声

 全く自信がなく、何をやろうにもどうせできないだろう、と後ろ向きな考えしかできていなかったのが、すこしづつ変化してきている。できないだろうと思っていたことを“今やろう"と思えるようになってきた。
 先輩の話を聴いて、一人で初めて海外旅行に行った。現地で外国人と話をした。言葉がわからず、道に迷ったけど、楽しかった。
 今は踏み出した一歩を少しづつ進めて行きたいと思う。(工学 電電 男子)

 たびサポはとことん自分と向き合う時間でした。今の自分のなりたい姿はキラキラした人です。自分が思うキラキラした人は「目標に向かって実際に行動している人」です。
 人の話を聴いて自分の中で消化しようとすることがキラキラした人に近づくために今、現時点でできることかなと考えています。(地域保健 教福 女子)

 私はたびサポを受講したことで人間として強くなったと思います。自分と向き合い熟考することで私は新たな目標を見つけ、立ち直ることができました。
 今までの私は自分と向き合わない思考停止人間でした。しかし、たびサポに出会ったことで変わることができました。
 今、私は無意識のうちに、自分そして人間というものについて考えるくらい、しっかり自己と向き合うようになりました。(生環 応生 女子)

 自分が最もたびサポで成長できたと思うことは、意見の発信、受信、整理をするスキルが向上したことです。
 今までは意見は言わないし、良いと思った意見にひたすら乗っかるだけでした。出された意見に対して冷静に考え、それを自分の意見とうまく融合させることで、それがさらに良い意見になるということに気づけました。
 そしてそれを少しだが実行できるようになったことが大きい成長だと思っています。(現シス 知情 男子)

OBの声

 私が出発サポートプログラムで得たものは「経験」と「仲間」でした。 得たものをどう自分の中に落とし込むかは個々で違うと思いますが、私は今の人生の中で 「自信」と「モチベーション(刺激)」として大きく役にたっていると思っています。
まずは自信について、 新しいことに積極的になれたり、最後までやり遂げることを可能にしてくれるのはこれだと私は考えています。
次はモチベーション(刺激)について 、私は今でも出発で出会った仲間としょっちゅう飲みに行きますし、毎年旅行にも行ってます。 そこには、会うたびに「すげーな」「うらやましいな!」って思える経験をした人や考えをもった人がいて、俺ももっとできるんじゃねぇか・こんなことで腐ってたらもったいねぇなと思わせてくれます。
人生がどうなるかって結局自分がどうなりたい・どうしたいによって変わると社会に出てひしひしと 思います。 そして、なにが自分を自分たらしめるかは「自分がなにをしてきたか」だと思います。 また、どうなりたい・どうしたいは刺激がないとその欲求を維持も大きくもできないと思います。
私にとって、私を私たらしめる経験と仲間をくれたのが、出発サポートプログラムだったということです。
(1期学生サポーター 現商社系会社員)

講座時間&受講料

講座

  • 隔週 火曜日OR水曜日 (どちらかを選択してください)
  • 時間 18時〜20時30分
  • 受講料 77,000円(税込み)

内訳

  • 講座運営費(配布資料・ポートフォリオ一式 他)
  • 軽食費用(おにぎりやサンドイッチ 等)
  • スタート講座、集大成発表会開催費用 懇親会費用
  • チャレンジ企画実行費用
  • SEQ受診費用 個人面談費用

出発サポートプログラムの事をもっと知りたい!

  • E-mail : に連絡して、イベント情報ゲット!
  • Facebookで「出発サポートプログラム」を団体検索!情報配信中!
  • Twitter「@tabidachi_OPU」ここでは普段の”たびサポ”活動を紹介しています!
  • ブログ「https://fudai-tabidachi.blogspot.com/」先輩サポーターの日常を配信!

ご質問、ご相談は下記までご連絡をください。

TEL:072-259-4600  
E-mail:

パソコン・電子辞書・ミールカード・出発サポートプログラムなど
新入生向け用品の受付は
こちらから